休業補償とは

休業補償とは

交通事故によるケガで入院、通院となり、仕事を休んだ分の給与、ボーナスの減額で、収入が減ってしまったという損害(休業損害)に対する補償です。休業補償の金額の計算は、1日あたりの収入に休業日数をかけて計算する方法が一般的に用いられております。

給与所得者(正社員、アルバイト、パート)、個人事業主などにより計算方法に違いがあります。
また、専業主婦、学生、フリーターなど自営業者や正社員に該当しない方も休業補償がもらえる場合があります。
ただし、休業補償は必ず全額請求できるわけではなく、保険会社の担当の方に確認を行います。

計算の仕方は被害者の方の状況によって分かれるため、ご自身がどこに該当するかをご確認ください。

1. 給与所得者
過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)

2. パート・アルバイト・日雇い労働者
日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します。)

3. 事業所得者
自己前年の所得税確定申告所得を基準に1日当たりの平均収入を算出します。

4. 家事従事者
家事ができない場合において、収入が減ったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

交通費
公共交通機関(電車・バス)かタクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代などが対象になります。