整骨院?整形外科?どうちがうの?

整形外科と整骨院の違い
整骨院(接骨院)と医療機関(整形外科・その他病院)ではどのような違いがあるのか説明をさせていただきます。

医療機関
・医師による診断書の作成
・手術を要する大きなケガの治療
・MRI、レントゲンによる精密検査
・痛みどめのといった薬や湿布の処方

まず前提として、医療機関(整形外科・その他病院)ではでは医師による正式な診断書をもらうことができるます。
交通事故後は必ず診療を受け診断書をもらことを強くお勧めいたします。

医療機関(整形外科・その他病院)では手術を要するようなおおきなケガや病気に対する治療が中心となります。
それだけでなく、MRIやレントゲンなどによる精密検査を受けることができるので、骨や組織へのダメージを診断することができます。
また、ケガをした後の初期治療が終了しても痛みが残る場合、痛みどめの薬や湿布を処方してもらうえます。外傷や骨折など、大きなケガで初期治療をする際に、通院(程度によっては入院)が必要となります。

整骨院
・MRIやレントゲンで見つかりにくい異常を探し、治療をする
・手技や電療による患者様に合わせたオーダーメイドの施術
・予約優先性で、待ち時間が短く、受付時間も医療機関より長い
・保険の手続き、保険会社への対応もサポート

一方整骨院では、柔道整復師という国家資格を有した治療の専門家が、主に手技による治療を行うのが特徴です。また当院ではスタッフが鍼灸師の免許も所有しており、必要に応じて鍼灸治療も行います。
処方される薬は患者様の体質により使用が制限されることがありますが、柔道整復師の手技や鍼灸治療は患者様に合わせて施術ができるため、幅広い症状の方に受けて頂けます。

交通事故の治療において、接骨院が得意とする領域は、むちうち症(頚椎捻挫)・腰痛(腰部捻挫)・捻挫・肉離れ・打撲といった症状があります。
これらの症状は医療機関でのMRIやレントゲンの精密検査で異常がないと判断される場合が多く、見つかりにくいものです。

筋肉の異常はMRIやレントゲンではうつりません。 本当は交通事故の衝撃で体が損傷を受けているのにもかかわらず、本当の原因が見つかりにくいのです。

ラパン鍼灸院・整骨院では、痛みやしびれの原因となる筋肉に着目した治療を行っています。 一人ひとり異なる筋肉の状態やバランスを見ることで、痛みやしびれの原因となる部分を探し出し、患者様一人ひとりに合わせた施術を行います。

医療機関と整骨院の併用
交通事故に遭うまではなかった頭痛やめまいの症状、体のだるさなども、交通事故の衝撃で神経に微細なダメージを受けた可能性があります。
医療機関で定期検査(週一が理想)による症状の把握をしつつ、整骨院に通い、痛みの残らない体を作りましょう。