早期施術がなぜ重要なのか...

交通事故の痛みを残さないためにも、早期治療が重要となります。
事故直後は症状があらわれず放置してしまいがちで、後になってから痛みやしびれが出てきてしまったというケースも少なくありません。
早い時期から治療を行うことで、早期の回復できる可能性が高くなりますが、症状が強くなったり、悪化してからでは後遺症が残ることもあります。
ラパン鍼灸院・整骨院では、事前の診断と検診、状態のご説明で患者さんに納得いただける治療をご提供します。
また当院は20時まで営業しているので、生活の中でも通いやすい環境をご用意しております。交通事故に遭ったら、早めにご相談ください。

事故の症状はご自身で判断しない事が大切

スポーツの試合中にケガをしてもあまり痛みを感じず、試合が終わって一息ついて落ち着くと痛みが出てくることがあります。
交通事故のケガも同じで、事故に遭った直後は、身体も心も興奮状態になるので痛みが出ににくいものですが、翌日以降、もっと遅いと数週間経ってから痛みが出てくることもあります。
交通事故による症状はケガの痛み以外にも、痺れ・吐き気・めまい・倦怠感(気だるさ)・不眠などがあります。これらは完治までに長い時間が必要になってしまうことがあります。早期に治療を始めることがそういった様々なリスクを避けることに繋がるので、事故に遭ってすぐに症状がない場合でも、早めに治療を始めましょう。
事故に遭った後に身体に痛みがないと言って、ご自身の判断で「ケガなんかしていない!」「私は大丈夫!」と判断し、病院に行かないでいると、思いもよらない結果に招くことがあります。
前にも書きましたが、痛みは数日経ってから出ることもあります。そして、それを放っておくと事故の後遺症(痛み)が残る事もあります。
早期発見、早期治療することで、完治の可能性を高める事で、後遺症のリスクを下げましょう。

交通事故の受傷直後は症状が出ないことが多く、レントゲンやMRIを撮っても『異常なし』と診断されることが多々あります。
『はじめは痛くなかった』、『すぐ治ると思った』など、ご自身の判断で事故後お身体を放置していて、時間の経過と共に痛みや、シビレ、耳鳴りなどの症状に悩まされる方もいらっしゃいます。
あの時、示談をしないでしっかりと治療を受けておけば良かった…と悔やむ方もたくさんいらっしゃいます。
ケガの治療のこと、保険のこと、補償のことなど、不安なことが多い交通事故治療を『ラパン鍼灸院・整骨院』ではサポート致します!
早期の治癒をめざして、当院は患者様のお役に立てるよう頑張ります!