交通事故にあってしまったら⁉

院長写真

 

事故現場の保全
けが人がいればけが人の救護と、道路上の危険除去をしましょう。
2次被害を防ぐためにも、軽傷の場合は安全なところに避難してもらうよう促し、重症な場合は動かさず救急車の到着を待ちましょう。
また、余裕があれば、今後に備え、事故直後の現場の状況を携帯などで写真に撮っておいても良いでしょう。
そして、事故から間もないうちに、記憶があやふやになる前に、事故日の行動から、事故直後までのをまとめて紙に残しておいてください。
記憶は時間の経過で薄れてしまうので早めの行動が大切です。

加害者の方と
加害者の方に免許証を見せてもらい、住所氏名の確認と加害車両のナンバープレートを必ずメモに残しましょう。

警察への届出
小さな事故でも必ず警察に連絡を入れてください。
症状がその時はなくても、数日後から痛みが出ることもあります。
また、保険の手続には、「交通事故証明書」が必要で、事故を警察に届け出て、「交通事故証明書」の申請を行いましょう。

専門家の診察を受ける
事故に遭った際は興奮し交感神経が働いているため、大丈夫と思っても、思った以上に重症なこともあります。
事故に遭ったら病院での診察を受けてください。
そこで診断書を発行してもらい、警察に提出することになります。
診断書の提出により、事故が「物損事故」から「人身事故」と扱いが変わり、自賠責保険(任意保険)での治療費の請求が可能となります。

ご自身の保険会社への事故報告
ご自身で加入している自動車保険会社や代理店に事故に遭ってしまったことを連絡してください。
搭乗者の方にも保証が出る保険を掛けている場合、請求することが可能になります。
(請求したとしても掛け金に影響は出ません)

被害者の方の保険会社から連絡がきたら
保険会社の担当の方にラパン鍼灸院・整骨院に通院する旨をお伝えください。
事故現場から救急車で運ばれた病院や、事故後最初に診ていただいたところ以外に通院できないと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、通院する場所は患者さんが決めることができます。
初期の治療がとても大切ですので、通いやすい場所を選ぶことも大切です。

何かご不明な点がございましたら、当院へお気軽にご相談ください。